読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

repo*

北欧のこと。子育てのこと。暮らしのこと。好きなこと。など日々のことを書いています。

こどもの日に スカイツリーに行ってきた。

f:id:reporeporunrun:20170505194421j:image

 

息子の強いリクエストで、スカイツリーを眺めてきました◞( 、*´▿`)、

 

こどもの日とあってか、鯉のぼりがあってとても綺麗でした。

 

メインの目的は他にあり、時間が余ったので、ついでに夕方に寄ったのですが、ものすごく混んでいるというよりは、ふつうに混んでいる感じ(笑)でした。

 

「スカイツリー」

実際見てみたら、迫力がすごいです!

「わぁ~」と大人でもテンションあがり、写真をとりまくりました(笑)

 

全体像をスマホに収めるのは、なかなかの試練で、私はしゃがみこんでから、見上げての撮影に挑みました。

 

本当はスカイツリーの中まで行ければよかったのですが、入場料がなんだか高そうなのと、予約だったり整理券が必要だったりと、時間の限られた中で祝日の賑わいの今日は、すぐに入れるわけもなく、次の機会へと持ち越しました。

息子も近くでスカイツリーを見上げられただけで大満足だったので、良かった良かった。

 

久しぶりに都会に出てみたのですが、

電車の中では、親子3人の私たちが一緒に座れないのを感知してくれた若い女性が、さりげなく席を動いて譲ってくれたり、

 

外国の方に、駅で銀座までの路線を聞かれ、田舎ものの私たちも良く知らず、一緒に考えていたら、乗換のことを教えてくれる女性がいたり、

 

優しい出会いに触れました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

お返しに?ではないのですが、帰りの電車の中では、ベビーカーに1歳児、赤ちゃんを抱っこしているママさんに、席を譲ると喜んでもらえました。

 

私の住んでいるところは、田舎なので、電車にはめったに乗りません。というか、ほとんど乗りません。車社会です。そんな中、都会では電車や駅の中には優しい出会いやコミュニケーションがあるんだなぁ、と親子で勉強になった私たちでした。

 

また、満員電車のなか「東京はビルがすごい」「東京は車が多い」「東京は人口が多い」と車窓を見ながらはしゃぐ息子よ。。。

少し恥ずかしかったけど、本当に素直な意見で(笑)、たまに電車で旅をするのも良いものだと改めて感じた1日でした。