読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

repo*

北欧のこと。子育てのこと。暮らしのこと。好きなこと。など日々のことを書いています。

春ドラマ、何を見よう?シリーズ①~日曜ドラマ「小さな巨人」を見ての感想

こんにちは。pokuです。

あたたかい日が続きますね。春です!春ドラマです?!

春ドラマが続々と始まっていますね。

 

私はドラマは録画をして見ます。

とりあえず1話を録画して見て、気に入ったら次から自動録画に切り替えて見る派です。今週、再来週くらいにかけては、「春だ!ドラマだ!何見よう?週間」と題して(笑)ドラマのレビューなど書いていけたらと思います。1個人の感想ですが、参考にしてみてくださいね!

 

そして、昨夜「小さな巨人」が始まったので、その感想などを今日は書いてみます♪

 

「小さな巨人」とは

さて、昨夜1回目を迎えた「小さな巨人」。

日曜日 夜九時からの、TBSの日曜劇場のドラマです。

まったく情報収集しないまま「小さな巨人」という題名にひかれて、とりあえず見てみようかなぁと思ったわけですが、警察のお話でした。

私の好きなドラマは「逃げるは恥だが役に立つ」「カルテット」「ごちそうさん」などで、警察、政治経済系のドラマは苦手、というかあまり見ません。

 

警察ものか・・・と思ってみたのですが、なかなか面白かったです。

 

あらすじ

所謂、「事件が起きて解決する」という単純なものではなく、警察の内部、組織を描いたものでした。

出世を目指していたエリート刑事が、挫折し、所轄に回されて、警視庁本庁VS所轄という中で自分の正義を貫き、闘っていくというもの。

   

キャスト

香坂 真一郎(刑事、元捜査一課係長)・・・長谷川 博己

小野田 義信(捜査一課長)・・・香川 照之

山田 晴彦   (刑事、捜査一課長付き運転手)・・・岡田 将生

渡部 久志 (所轄の一員)・・・安田 顕

 


長谷川VS香川 の構図かと第1回を見て思ったのですが、相関図を見ると 岡田くん演じる山田春彦との出世争いが軸なのですかね?所轄の安田顕さん演じる渡部は、熱くて良いですね。演技も素晴らしくて特に第1話のラスト、印象に残ってます。今は「使えない」とされている この所轄がどう変わっていくのか、香坂さんとのチームワークが育まれるのか?楽しみなところです。主人公に 長谷川博己さん。渋かっこ良いですね。見ていて応援したくなります。

その他、香坂さんの妻役の市川実日子さん、個人的に大好きなので、嬉しいです♪ (長谷川さんと、映画「シンゴジラ」コンビですね)

 

感 想

率直に言いますと・・・

平井堅さんの主題歌「ノンフィクション」にぐっときました!!!

また、曲が入ったラストのタイミングが良くって。歌詞がピッタリだなぁと思ったら、書き下ろしだったのですね。

 以下 公式HPより平井堅さんのコメント 抜粋

 

今回、主題歌のお話をいただきまして、ドラマの脚本を読んで、この「ノンフィクション」を書き下ろしました。僕の楽曲の中でも今までと違うものにしたいと思いまして、個人的にはハードボイルドな楽曲になったかなと思っています。人生の苦渋や苦難を歌った楽曲なので、生きることの暗部にフォーカスをあてて書いたのですが、でも決して諦めずに生きることを選び、今を生きる、僕を含め勇者達を歌った曲で、真剣だからこそ悩み、迷い、時に投げ出したくなることが生きることだと思って書いた曲です。是非聴いていただけると嬉しく思います。

 

平井堅さんの歌詞って、声とも相まってか、すごく入ってくるのですよね。頭にというか、心に。このドラマにピッタリの、切なくも ぐっと胸にくる楽曲です。フルで聞きたいなぁ。歌詞をじっくり読みたいなぁ。(6月発売予定ですね。)

 

ドラマも、警察ものはあまり見ない私でも、楽しめるものでした。

自分の正義を貫くことを決めた主人公香坂さんが この先どうなっていくのか、本当の敵は、本当の味方は誰なのか?とても楽しみです。

反面、こういう警察内部のものを見ると、警察って怖い社会だなぁと思いますね。出世のために裏工作したり、色々あるのですかね。私たちには計り知れない、深い闇があるのでしょうか?!(苦笑)

 

継続録画、決定です(๑•̀ㅂ•́)و✧