読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

repo*

北欧のこと。子育てのこと。暮らしのこと。好きなこと。など日々のことを書いています。

クックパッドのレシピは永遠にあると思ってはいけない と言うお話。

 

こんばんは pokuです。

 

お料理の際、以前までは料理本を見ては作っていましたが、今はインターネットでレシピは色々探せますね。本当にありがたいです。

 

その中でも、クックパッドは絶大な人気を誇ります。

私も、今や クックパッドなしにはお料理はできません。

 

レシピをノートに書かなくても 良いのです。

気に入ったレシピを自分のお気に入りに登録してしまえば、いつでも見られるのです。

 

そんなこんなで、私もお気に入りのレシピはたくさん増えました。

そして、今一番お気に入りの、お菓子。乳製品不使用、簡単にできる、ショコラパウンドケーキ。かなりヘビロテしています。つい、先週の木曜日もパパッと作りました。

 

そして、お友達も来た今日、一緒に作ろう♪と張り切ったところ

 

・・・・・・

・・・・・

・・・・

 

レシピがない!!!

 

あれ?!

 

どこにも・・・ない!

 

こんなことって、あるのですね。

レシピがなくなっていた時の、あの愕然とする感じ、分かってもらえますか?

おぼろげながら自分の記憶をたよりにするものの、確証がもてず、(特にお菓子はオーブンの予熱やら温度やら時間やらあるもので)自分の記憶力のなさを責めたものです。

 

いつもあると思っていたのですが、よくよく考えればレシピを出している人がいて、その人が「やーめた!」とレシピを消してしまえば、なくなってしまうのですよね。

ほんと、勉強になりました。

 

やはり、「気に入ったレシピは面倒でも、何かしら形にして保存すべき!」

原点にもどり、お気に入りのものは、ノートにレシピを書き記そうと心に決めた今日でした。(そのレシピが本で出版されるのであれば、こんな嬉しいことはないのですが、どうなのでしょうね)

 

でも、これってクックパッドのレシピの話だけではないですよね。

今や情報化社会で、インターネットで知りたいことを調べるのは当たり前で、ためになる情報がたくさんあります。でもその中でも、自分にとってかけがえのない情報はメモするなり、残していく必要があるのだなぁと思いました。

すぐ見つけ出せるけど、自分の意図とは別に消えてしまうこともある。

(なんだかブログの記事を保存しないで、丸ごと消えてしまったことも思いだしてきました(泣)すみません、初歩的なミスをよくしてしまう、pokuなのです(๑°⌓°๑)

 

インターネットや、デジタルというのはそういうものなのですね。(きっとずっと消えないものもあるのでしょうが)

 

皆さんも、気を付けてくださいね!