読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

repo*

北欧のこと。子育てのこと。暮らしのこと。好きなこと。など日々のことを書いています。

カブト虫の成長記録②~まさかの事件?!から対処法まで~

 

桜も満開ですね。

春だなあと実感する今日この頃。

 

我が家のカブト虫の幼虫達は元気に過ごしています◞( 、*´▿`)、

 

日に日に カブちゃん、ドロちゃんが可愛くも思てきた頃、ある事件が起きました。

 

カブトムシの幼虫でまさかの事件に遭遇!

 

それは、家族で外出し、帰宅直後の出来事です。いつもの通り、靴を脱ぎ、玄関を上がり、ふと廊下の角を見たら、、、

 

Σ( ꒪□꒪)‼Σ( ꒪□꒪)‼Σ( ꒪□꒪)‼

かぶちゃんがいる、、、(ʘ言ʘ)

 

「キャーッ」

 

私の悲鳴ですね。

存在感のある、あの大きさ(約5~8センチはありますね)のカブト虫の幼虫が予想外の廊下に1匹寝そべっていたら、、、怖いですよね???

 

というか、玄関のプランターに新聞紙をかぶせていた所にいたはずのカブちゃん、どうやって段差を上がり廊下にたどり着いたのか。。。

考えると謎です。そんなポテンシャルがあったとは、、、。

 

対処法として

私の悲鳴を聞きつけたご主人様がすぐに駆けつけ、

プランターに幼虫を戻し、容器をさらに大きく深いものに変え土を足し住み心地を良くすべく(2度とショッキングな事件が起きないよう)改良しました!←ご主人様が(笑)

 

土はホームセンターで売っている、「カブトムシの幼虫用の土」を買いました。

1キロで600円くらいでした。

 

すると、どうでしょう。居心地が良くなったのか、ピタッと顔を出さなくなりました!私としても、ほっとひと息です(❁´◡`❁)

 

 

 

 

 カブトムシの幼虫を育てる注意事項!

カブトムシの幼虫は、土が合わないと出てきてしまうらしく、また、出てくるのはあまり良くないらしいです。

カブトムシ用の土でしたら、間違いはないようなので、用意をおススメします。

最初にいれていた土は、幼虫がいたところの土を持ってきたようだったので、大丈夫だと思っていたのですが、カブトムシの様子を見ることが必要ですね。

 

友人からも「今が大事な時だから」と言われていたし、(たぶん)落ち着いてくれて良かったです。できれば無事にカブト虫に成長してほしいです!

 

しかし、色々と驚かせてくれますね(⑉꒦ິ^꒦ິ⑉)♡

この時主人がたまたま仕事が休みの日だったので、事なきを終えましたが、もしも息子と2人だったら。。。それより、私1人だったら?!と考えると、、、怖くてなりません。「ドッキリ」というより、「ホラー」でした。

ほんと、「ホラー」でしたから━━Σ(ll゚艸゚ll)━━━!!!!!

カブト虫の成長記録①~我が家に幼虫やってきた!

 

「カブト虫、いるー?」

と友人からメールをもらうこと、数日前。

友人のおじさんが、カブト虫をくれるらしいそうです。

息子に聞くと 欲しい と言うので、気軽な気持ちで、お願いしました。

 

そして、その翌日に、再び友人からメールが来て

「カブト虫の幼虫、ゴロゴロ手に入ったから、取りに来て〜」

とのこと。

 

Σ( ꒪□꒪)‼

幼虫?!?!

 

夏頃にカブト虫の成虫をもらえるのだと思っていた私。かなり驚きました。

幼虫を育てるって難易度高いのではないかしら?!?!と 不安になりつつも、

 

「学校の 自由研究に使えるんじゃない?」

との友人の甘い言葉?!に誘われ、覚悟を決めて カブト虫の幼虫を息子と共にもらいに行きました。

 

プランターに腐葉土をたっぷりいれてもらい、その中に5.6匹幼虫がいると、説明を受け、

友人がプランターにかかっていた新聞紙をはずすと、、、

 

幼虫が土から出てる!!!

それが、予想外に大きい!!

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

正直な感想、、、

気持ち悪い。・゜・(ノД`)・゜・。

息子のドン引き具合もなかなかのものでした。

 

今まで本でしか見たことがなかったカブト虫の幼虫のイメージは、体を丸くして土の中にじっとしているようなものです。

 

それが、、、白く太くかなり元気に動く 幼虫で、本当、私が受けたショックは衝撃でした。。。

 

ですが、飼うと決めた以上、しっかりカブト虫になるよう、育てようと息子と話し合い、連れて帰り、玄関に置いて育てることにしました。

 

友人から言われたことは、

カブト虫の幼虫は、土を食べて生きるから、土を絶やさないこと。

あとは、土は湿っている必要があるから、注意して、土に霧吹きで水をかけること。

あとは、インターネットで調べてね♪ と。

 

なるほど、ですね。

それからは、霧吹きで水をかけたり、1日何度も息子と観察しています。

 

イトコが遊びに来たときには、

女の子は「気持ち悪いー(๑ó﹏ò๑) 」

男の子は「かわいーねー」

と意見が分かれました。息子も慣れて来たのか、うんうん 頷いており、、、

(え?!可愛い?!)と、2度目の衝撃を受ける私(笑)

 

ほとんどは土の中にいるのですが、昼間は土から顔をだすことも多いですね。1匹とかですが。

不思議なことに、何度か幼虫と顔を合わしていくと、確かに、可愛いのかなあ?とも思い始め、「カブちゃん」と名づけてみました。

すると、なんでしょう、親しみがわきますね。

息子は「ドロちゃん」と名づけ、見分けは全くつかないので、見たものを そう呼ぶことしました(笑)

 

カブちゃん、ドロちゃんが これからどう成長していくのか、記録を残して行こうと思います。

(写真もありますが、慣れていないと気持ちが悪いと思うので、掲載するかは、悩み中です。)

今後どうなるか?!気ままにレビューしていけたらと思います。

どうぞお楽しみに(∩❛ڡ❛∩)

 

春休み 身近なもので楽しく遊ぼう〜簡単!ペットボトル活用の遊び〜

 

こんにちは。pokuです。

4月に入り、春休みも真っ只中!

今日は私も仕事も休みのため、子どもと近間の公園やらをハシゴしました◞( 、*´▿`)、

f:id:reporeporunrun:20170403152914j:image

桜も 満開まで あと少しですね!

 

「遊びたいけど、できれば リーズナブルに」

は基本?!ですよね。

子どもが集まれば、遊具がなくとも、お金をかけずとも、遊びは無限に広がります。

うちは、1人っこですが、今日は年の近い いとこを誘っておでかけ。子どもも3人いれば 遊びは目まぐるしく発展します♪

 

皆 小学生なので、かくれんぼ、ケイドロの定番の遊びでまず盛り上がります。

私も健康のため、参戦。大人ですが、一緒に体を動かすはモットーにしています。

疲れたら速やかに休憩に入りますが、健康のためには楽しく子どもと体を動かすのが1番♪ 子どもも喜んでくれますしね。

 

次第に、自由な発想のゲームに遊びは発展していきます。

 

今日は急きょ予定を立てたおでかけのため、なんの遊び道具ももっていません。

持っていたのは、水分補給のためあらかじめ買っていた、ペットボトルのジュースのみ。

でも このペットボトルをフル活用して、子どもたちが考えた遊びはとても面白かったのです!簡単で単純な遊びですので、機会があれば、かる~い気持ちで試して頂ければと思い、今日はお伝えしますね。

 

1.ジュースそのものを隠してみよう!

 

かくれんぼ の発展版でしょうか。

「持っていたジュースを隠す」そのままです(笑)

中身が入ったままでもできます。

意外と、景色と同化して見つけにくかったり、人より小さいので、狭い範囲でも楽しめるというメリットがあります。

 

 

2.ペットボトルのフタ飛ばし大会

 

ただ、フタを投げてどれだけ遠くに飛ばすか という これまた単純なもの。

それでも大盛り上がりです。

それぞれ好きなジュースを買っていたから、フタの色も違ったため、見やすい!

私たちの場合、公園の広いスペースで遊べたので、階段に向かって投げたり、高いところに登って投げたりと色々なバージョンで楽しみました。

ボールのように飛びすぎることもないので、思い切り投げても安心でした。

ただ、投げ方によっては ものすごく飛んだり、近くに落ちたりと様々なので、自分達なりに工夫して飛ばすことが必要です。

 

3.空のペットボトルを坂で転がす

最後は、飲みきったペットボトルを転がして遊ぶというもの。

ペットボトルの形も今や様々、なんだか面白い形で転がります。それを 追いかけるというもの。あらぬ方向に行くので意外と面白いです。

コロコロと音もなんだか笑えます。

(もちろん、公園内など車のこない、安全な場所で、坂もそれほど急でも長くもないところでやりましょう)

 

番外編.炭酸ジュース飲みながらの滑り台 Σ( ꒪□꒪)‼

 

子どもさながらの発想ですよね。

これは、親としては悩みどころです。おススメも・・・できません。

この案が出たとき、止めるべきか否か私も悩みました。

あらゆることを考えれば危険だけど、周りに小さい子はいない、スピードは出さない という条件つきで見守りました。(滑り台も短い、小さいものです)

3人とも緊張しつつも、楽しかったようで、満足の笑みでした。半分以上ジュースは飲んでいたので、こぼすこともなく終わりました。

子どもの発想力てほんと楽しいけど、ドキドキしますね。

 

まだまだ春休みは続きます♪

機会があれば ペットボトルで遊んでみてくださいね!

安全に楽しく遊べますように(*'∀'人)

 

だいすけお兄さん、ありがとう~「おかあさんといっしょ」は親子の心のアルバムになるようです。

 

おはようございます!pokuです。

 

NHKの子ども番組、「おかあさんといっしょ」の歌のお兄さん、だいすけお兄さんが 今日スタジオ収録最後の放送とのことで、息子と一緒にテレビを見てみました。

 

息子はもう8さい。

「おかあさんといっしょ」はさすがに、もう見ていないのですが、大切な乳幼児期をだいすけお兄さんの歌声と共に、育ったのですから、やはり最後を見届けよう!と春休み中の息子と朝8時にテレビの前へ行きました。

 

久しぶりに見る、「おかあさんといっしょ」

歌のお姉さん、体操のお姉さんが子どもが小さい頃見ていた方と変わってはいますが、だいすけお兄さん、体操のお兄さんはずっと見てきたまま。

嬉しいことに、懐かしい曲がたくさんありました。

今でも口ずさめる!一緒に歌える♪

なんだか、歌に合わせて息子が幼児期だったころの思い出もひっぱられて出てきますね。

「あの歌、すきだったなぁ」とか

「あの体操、一緒にやったなぁ」とか。

そこにはいつも、だいすけお兄さんの歌声と 先に卒業された たくみお姉さんの歌声があったなぁと改めて思います。

 

関心のないことは基本すぐに忘れるうちの息子も、「あ、この歌知ってる」「お兄さん知ってる」と話しながら、じっと見ていました。

昔見ていた番組をこうしてたまに見るのもの良いものですね。

 

自分のことを振り返ってみても、「おかあさんといっしょ」のじゃが丸、ピッコロ、ポロリは大好きだったなぁとか覚えていますものね。

息子も大人になって思い出すことあるのかな???男の子はさすがにないのですかね?

 

最後のだいすけお兄さんのお別れのお言葉

「みんなありがとう!さようなら」

と涙をこらえて明るく言うお兄さんに、私もぐっと心にきてしまいました。

息子も「なんで卒業するのかな?」「まだまだ お兄さんなのにねぇ」と、彼なりに色々考えていましたよ。

 だいすけお兄さんは、歌からも、子どもへの対応からも、人の良さが本当にあふれ出ていて息子も私も大好きでした。

 これから「おかあさんといっしょ」でお兄さんが見られなくなるのは、とても寂しいですが、新しい門出を応援したいと思います。

心からの「9年間ありがとうございました」を伝えたいです。

 

そうそう、新しいお兄さんの紹介もありました。さすがにフレッシュですね。

きっと今の赤ちゃんたちは、これからの歌のお兄さん、お姉さんの歌声を心に刻んでいくのですね。改めて「おかあさんといっしょ」って良い番組だなぁと思った朝でした。

 

 

1日は24時間ではなかった!私の使える時間とは。

こんばんは。pokuです。

最近色々と忙しくて流されているなぁと感じます。

流されたまま生活していくと、部屋は散らかっているし、やるべきことはできないし、ストレスが溜まります。

 

私はキャパシティが小さいタイプだから、余裕を持つことが大切なのに、予定外のものが飛び込んでくると(;≧皿≦)。゜°。ううううぅぅぅ となります。

↑ 似たようなこと、前にも書きましたね(笑)

 

1日24時間というけれど

睡眠の時間が約8時間ですでに 残り16時間ですね。

そのうち、朝夕の支度、家事等をひくと 残り12時間。

仕事の時間を引いて 残り7時間。

朝食、夕食、お風呂の時間を考えて 残り5時間

ざっと考えて平日は 5時間が自分の使える時間です。

私はパートなので、フルタイムで働いている方よりも使える時間は多いとは思います。

1日24時間ではあっても、私の使える時間は 5時間 と言えます。

 

自分の使える時間

自分の使える時間が平日平均5時間といえど、どうでしょう?

まとめてこの時間が取れるわけではないのですよね。

5時間が完全に1人でいる時間でもないですし。

 

だからこそ!

その時間を有効に使うために、工夫が必要になってくるのではないかと思います。

 

そのためには・・・

やはり、to do リストですよね。

 

to do リストとは

日にちと何をするかを 紙に書いて リストにする。

1日の場合は リストと大体の時間を書いていく。

できたら赤ペンで消していく。

 

これだけ。

 

これだけで、やるべきことが整理され、行動できます。

そして心が落ち着きます←ここ、大事ですね。

 

ちなみに、できたものを線でひく

 これですね

このチェックの線を引くときに、脳内に気持ちの良くなるホルモンがでているんだそうです。だから 次やろう 次・・・と続いていくらしいですよ。

 

大切なのは習慣化すること!

to do リストを バタバタしているときだけ やるのではなく、毎日の生活に取り入れることがきっと大切なのでは と最近身にしみます。

 

忙しいときはもちろん、毎日朝の5~10分を to do リスト作りにあてる!

 

これで 私の自由時間の5時間を有効に使えるのではないかと思います!

やるべきことを書き出し、やるべきことが終わったら、自由にのんびり過ごす。

 

まずは実践ですね。習慣化した結果も今後ブログで発表できればと思います。

 

まずは、今日は明日の息子のお弁当の to doを書こうかと思います。

(家事の時間ですが、家事の時間を早めに終わらせば、自分の時間も増える!とつながるので、to doリストは 自分の時間以外でもつけることをおススメします♪)

 

ごくたまにしかない、息子のお弁当、いつも一品入れ忘れてしまったり、段取りが悪かったりするので、まず書きだします。私も安心ですし、忘れ物もなくなりますしね。

 

有言実行でがんばります╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

 

クックパッドのレシピは永遠にあると思ってはいけない と言うお話。

 

こんばんは pokuです。

 

お料理の際、以前までは料理本を見ては作っていましたが、今はインターネットでレシピは色々探せますね。本当にありがたいです。

 

その中でも、クックパッドは絶大な人気を誇ります。

私も、今や クックパッドなしにはお料理はできません。

 

レシピをノートに書かなくても 良いのです。

気に入ったレシピを自分のお気に入りに登録してしまえば、いつでも見られるのです。

 

そんなこんなで、私もお気に入りのレシピはたくさん増えました。

そして、今一番お気に入りの、お菓子。乳製品不使用、簡単にできる、ショコラパウンドケーキ。かなりヘビロテしています。つい、先週の木曜日もパパッと作りました。

 

そして、お友達も来た今日、一緒に作ろう♪と張り切ったところ

 

・・・・・・

・・・・・

・・・・

 

レシピがない!!!

 

あれ?!

 

どこにも・・・ない!

 

こんなことって、あるのですね。

レシピがなくなっていた時の、あの愕然とする感じ、分かってもらえますか?

おぼろげながら自分の記憶をたよりにするものの、確証がもてず、(特にお菓子はオーブンの予熱やら温度やら時間やらあるもので)自分の記憶力のなさを責めたものです。

 

いつもあると思っていたのですが、よくよく考えればレシピを出している人がいて、その人が「やーめた!」とレシピを消してしまえば、なくなってしまうのですよね。

ほんと、勉強になりました。

 

やはり、「気に入ったレシピは面倒でも、何かしら形にして保存すべき!」

原点にもどり、お気に入りのものは、ノートにレシピを書き記そうと心に決めた今日でした。(そのレシピが本で出版されるのであれば、こんな嬉しいことはないのですが、どうなのでしょうね)

 

でも、これってクックパッドのレシピの話だけではないですよね。

今や情報化社会で、インターネットで知りたいことを調べるのは当たり前で、ためになる情報がたくさんあります。でもその中でも、自分にとってかけがえのない情報はメモするなり、残していく必要があるのだなぁと思いました。

すぐ見つけ出せるけど、自分の意図とは別に消えてしまうこともある。

(なんだかブログの記事を保存しないで、丸ごと消えてしまったことも思いだしてきました(泣)すみません、初歩的なミスをよくしてしまう、pokuなのです(๑°⌓°๑)

 

インターネットや、デジタルというのはそういうものなのですね。(きっとずっと消えないものもあるのでしょうが)

 

皆さんも、気を付けてくださいね!

 

子どもが誕生日に発熱は意外とあるある。

 

こんにちは。pokuです。

 

ずっと気になっていたことなのですが、

子どもが 誕生日に発熱するって意外と多くないですか???

 

f:id:reporeporunrun:20170324165750j:image

 

1歳の記念すべき誕生日に発熱。

うちの息子の時も1歳の誕生日の夜に発熱しました。

用意した ヨーグルトケーキも食べられず、スペシャルご飯も 食べられず、熱でふうふう(∗꒪̿〰꒪̿∗)していた姿がいまでも思い浮かびます。

 

こんな記念日に発熱なんて かわいそうだなあと思っていたら、友達、親戚から 記念日発熱の話 がたくさんでてきましたε٩(°Д°)۶з 

 

やはり、1歳のバースデーでの発熱が特に多いようですね。しかも 乳幼児期の発熱は、心配です。初めての熱、突発性湿疹だったりする子も多いようなのですが、うちは湿疹も出ることなく「風邪」?だったようなのですが。

 

なぜ誕生日に発熱するのか(あくまでも私の考え)

私は、息子を看病しながら、出産時のことを思い出し もしかして、子どもも産まれるために胎内で大変だったのかなあ?それを思い出して熱がでちゃったのかなあ?と 思ったものです。

本当に、熱出すタイミングが、私の陣痛で苦しんでいた時期と同じだったので。

 

生まれる側の気持ち

そしてよく考えてみると、出産時、自分が大変だったことは覚えていますが、胎内の息子も収縮を繰り返す子宮に送り出され、自分で産道を作ってきたわけですから、生まれる側も それはそれで大変だったろうなぁと、この時に初めて気付きました。

あくまで私の想像なのですが٩(๑❛ʚ❛๑)۶

出産はママ1人でするものではないですものね。出産には子どもの協力が必要なのです。

 

でも、1歳の誕生日のあの夜、熱を出している息子を看病しながら

「(出産のときは)がんばったね。ママとパパに会いに来てくれて ありがとね。」と心から思ったことは今でも覚えています。

 

もう赤ちゃんではないけれど?!

ちなみに、8歳になった我が息子。

昨年は インフルエンザになり、最近あった今年の誕生日も 突然の発熱。。。

季節柄もあるのでしょうが、誕生日には未だに発熱すること、多いです!

大きくなったから安心というわけではなく、これからも要チェックの日になりそうです。

 

「♪ハッピーバースデー じーぶんー♪」

と歌い、誕生日を待ち望んでいた息子氏。

今年は楽しみすぎて、熱が出たということもあるのかな(♡ˊ艸ˋ)♬*

 

それでも、毎年誕生日に思うことは ただひとつ。

「生まれてきてくれて、ありがとう」

ですね。

 

 

 

 スポンサーリンク